ご購入方法
+ご注文方法
+お支払い方法
+送料をもっと安く!
+送料について
+返品・返金について
+キャンセル・
ご注文変更
+訪問販売法に
基づく表記
+ご質問・お問い合わせ
商品について
+当店の商品について
ポリシー
+プライバシーポリシー
+免責事項・禁止事項

■Paypalからのクレジットカードフォーム■
....................................................................

1: service@paypal.fr から カード決済用メールが送られてきます。

このメールアドレス以外から送られることはありません。 

こんな感じのメールです↓ ○○○○様 がきちんとお客様の名前であることを確認してください。 当店からのPaypalメールには当店のロゴマーク(このページのトップのロゴと一緒)が入っていますので、そちらもご確認ください。

「請求書のお支払い」のリンクをクリックしてください。

2: 次にこのようなインターネットのサイトページに移動します↓(日本語の時)

このページに商品内容+送料が記載されていますので、ご確認ください。

Internetのアドレスが、https://www.paypal.com〜で始まっていることを一応チェックしてください(SSL)。

「今すぐ支払う」をクリックしてください。 クリックしてもまだ支払いにはなりません。

もし英語だった場合は、「Pay now」をクリックしてください↓

 

3: ログインページに移動します。日本語の時もありますが、英語の時も多いです。

日本語だったら指示に従って記入していただき、英語の時はこのようにしてください↓

 

4:お客様の仔細を入れるページに行きます。 英語の場合は、Countryの部分をスクロールして 「Japan」を選んでください。

 

5:「Japan」を選ぶと自動的にすべての表記が日本語になります。

指示に従って、お支払いを完了してください。

 

Paypalにアカウントを作っておくと、次回からすべてのやり取りが日本語で出来ます。

アカウントは無料で作れ、使用料も無料です。

Paypalは世界最大のオークションサイト、E-bayの関連会社で、最新のセキュリティーを誇っています。

日本語のサイトはこちらになります↓

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal

当店では、お客様のカード情報などをいただくことはありません。 すべて、Paypalのサイト上で、お客様とPaypalの間のみでカードのやり取りはされますので、ご安心ください。

 

*Paypalをご利用の時の注意

Paypalの名前をかたって、フィッシングメール・なりすましメールが世界中にばらまかれています。 Paypalのアカウントを持っていない方へもこれらのメールは届きますので、メールアドレスがPaypalから漏れたというわけではありません。

当店のPaypalのご請求書には、必ず当店のロゴマーク(当店サイトトップの物)、お客様のお名前&ご住所がメッセージの中に入っております。 通常不審なメールにはお客様個人を特定できる内容は全く入っていませんので、当店のPaypalメールは見分けが簡単につきます。

ですが、一応、Paypal サイトで紹介されている、不審なメールの見分けかたもご紹介しておきます。

不審なメールの見分け方

1.購入していない商品への支払メール=クリックなどせず、破棄

2.送信元の名前とメールアドレスが違う 例:service@paypal.com” <selectorsobqm03@gjertsen.priv.no>

メールの差出人の名前 service@paypal.com と、メールアドレス selectorsobqm03@gjertsen.priv.no が違う場合=クリックなどせず、破棄

3. メールにあなたのユーザー名が無い: メールの内容の一番上には、日本語のPaypalなら ○○様 英語なら Dear○○、など、必ずあなたのユーザー名が入ります。 これが無い場合は=クリックなどせず、破棄

4. 「あなたはPaypalログイン認証情報をリセットする必要があります」などの不安材料を書いたメールは、なりすましメールの可能性大です。
メールのリンクはクリックせず、まず、Paypalのサイトをチェック!
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/support/phishing

5. メールで以下のことを聞いてきた場合

クレジットカードおよびデビットカードの番号
銀行口座番号
運転免許証番号
メールアドレス
パスワード
Paypalではこのようなことを、メールで聞いてくることは絶対にありません! 
その場合は、メールのリンクなどをクリックなどせず、破棄

6. 宛先にあなた以外のメールアドレスがある。 下手すると何十というメールアドレスがある場合もあります。=クリックなどせず、破棄

1.まず日本語が変。

2.公式メールには必ずユーザー名が入るはず。

3.メールアドレスには必ずサービス名が入るはず。

うっかり「ログインしてアカウントを保護します」をクリックしたら大変。

疑わしきは即、削除です。

分からん!と思ったら、当店までご相談ください☆ 

 

 

  ■HOME